【art】HANDCLAP動画制作の裏側

先日Youtubeに投稿しました”2週間で10kg減る”が謳い文句の『HANDCLAP』笑いヨガバージョン、制作の裏側を書き残しておこうと思います。

ちょうど笑いヨガとダンスを組み合わせたものが作れないかなー…と思っていた時にHANDCLAPダンスを知りました。

見てて、なんとなくアレンジできそうな気がする。でもダンスのアレンジなんてどうやったらいいのか… 初試みだったのですが、頭の中にはできているイメージが浮かんでくる。

もにゃもにゃっとしたものを探りながら、ひとまず、HANDCLAPの動画を検索。HANDCLAPダンスの本家は韓国のお二人のもの。痩せる系のダンスをいろいろ発表されています。

他の方のアレンジを見て、両手を万歳したところから上げ下げして、足をタッチするのがポイントかなと。両手万歳する動き、片足上げ&片足立ちはポーズとしても良いですよね。

いろいろ観ててこちらのMarinaさんの動画がわかりやすくてめっちゃ楽しい♪MarinaさんのHANDCLAP関係の動画を何度も見て一緒に踊りました。(私のアレンジ動画のはじめの挨拶部分、Marinaさんを真似してみましたw)

動画を観ながら動いて、動きながらリズムの感覚を掴む。音楽にひっぱられてなかなかできない!でも少しずつ感覚が掴めてきて、笑いヨガの要素を試して、やったことを順番に書き出して整理して。

ある程度踊れるようになってきたら、自分用の練習動画を撮ってそれを観ながら練習、練習。動きのテロップ入れたら便利だったので、公開用の動画にも活かしました。(テロップ入れるタイミングが難しい)

練習用の動画はiPhoneにデフォルトでインストールされている『iMovie』を使って、サクサクっと編集しました。過去にYoutubeに投稿した動画もこれで作ってました。めっちゃ便利な動画編集アプリです。
※いまはMacでFinalcut Proを使用しております。インターフェイスが似ているので使いやすい。←重要。

iMovieの編集画面

うまく動けた自撮り動画を編集してテロップ入れて、またそれを観て練習しながら動画撮って、うまく動けたのにまたテロップ入れて…と積み上げていきました。

こんな感じで、作った自分練習用動画を観ながら、iPhoneで同時に撮影。
↓↓↓

裏側。今回の場合は自撮り棒の自立できるのを使用しました。

自撮り棒はリモコンでiPhoneを操作できるものを購入。私が購入したのは3000円ぐらいのでしたが、同じメーカーので1399円で商品が出てました!コンパクトだけど、カメラの水平が取りやすくてオススメです(^^)
↓↓↓
TRY 自撮り棒 Bluetooth 無線 セルカ棒 三脚/一脚兼用 

動きが変わるところとか、リズムにうまく乗りながらタイミングあわせて動きをつけていくのが難しい。慣れてくると、速く聴こえていた音楽の中にスペースを感じられるようになって、一呼吸おけたり、立ち止まれたりしました。

しかし、さすがに夜にはヨレヨレになってました…ははは

作るプロセスも含めてめっちゃ楽しかったので、また笑いヨガを取り入れたダンス作りたいなーと思ってます!

また笑いヨガ動画作るので、チャンネル登録お願いします〜