※ボランティアサポーター養成講座についてお問い合わせをいただきましたので、2019年8月に作成しました講座詳細ページを再度公開いたします。※現在、はやしが主催にて大阪での開催は予定しておりません。ご了承ください。

………………………………………………………………………………………………………

このたび、『笑いヨガ(ラフターヨガ)ボランティアサポーター』養成講座の『進め方研修』を、大阪で開催します。関心のある笑いヨガティーチャーの皆様のご参加をお待ちしております。

2019.7.21 三重県津市開催時の様子より

笑いヨガボランティアサポーター養成講座・進め方研修 in 大阪

日時:2019年9月1日(日)9:30〜17:00
開場:千里公民館・集会場 >アクセス
北大阪急行「千里中央」駅北改札から約80メートル
大阪モノレール「千里中央」駅から北へ約400メートル

受講料:10,000円
持ち物:赤など色ペン、定規、水分、お昼ご飯

講師:モジュンダル由美子さん(笑いヨガティーチャー)
サポート:田所メアリーさん(NPO法人ラフターヨガジャパン代表/マスタートレーナー)
 
<共催>NPO法人ラフターヨガジャパン、一般社団法人ラフターヨガインターナショナル日本支部
世話役:はやしさえ(一般社団法人ラフターヨガインターナショナル日本支部・理事/マスタートレーナー)

▶︎お申し込みフォーム

笑いヨガ ボランティアサポーターとは?

笑いヨガ ボランティアサポーター(通称名 LYVS)は、大分県で活躍されている笑いヨガティーチャー・モジュンダル 由美子さんが、地域の繋がり応援事業で「笑いヨガ」を実施する中、山間地の小サロン、市内過疎化が進む集合住宅の老人会、海辺の町の公民館、どこでも笑いヨガで住民は大笑い。そして、側にはいつも地域を支える地域ボランテイアがいます。「リーダーにまでならなくてもいいけど、短時間でいいから、皆で笑えたらいいな~」の声が聞こえてくる中、10分~15分で効果があるといわれる笑いヨガをこの地域ボランティアの方々が実施できれば、もっと身近に笑って頂けるのではないか、住民自ら、笑いヨガを短時間ボランティアで行って頂き、地域人財と人々の繋がり、健康のため笑いヨガを生かす機会が増えれば、と考えました。科学的にも証明されている笑いヨガをもっと生かさなければ「笑いヨガがもったいない~!!」と考えたことが始まりでした。

地域行政の協力も得て、より笑いヨガを地域に広げていく方法を模索する中で、2017年早春に『笑いヨガボランティアサポーター』が考案されました。

構想段階から、NPO法人ラフターヨガジャパン代表・田所メアリーさんを通じて、インドのDr.カタリアと相談しながら、大分県内で2年間の実証プログラムとして実施されました。

そして実証していく中、
①地域活動でも笑いヨガが広がり、LYボランテイアサポーターが笑いヨガのプロフェッショナルとしてリーダー資格を取得後クラブやサロン活動開始をしたり、
②リーダー資格は取得したけれど活動に今一躊躇していたリーダーが知り合いのLYボランティアサポーターと一緒にクラブを作り、
③その数は増え、オレンジカフェ、単発依頼、
④施設で毎月サロン活動に一緒に行く、
⑤LYVS独自でデイサービスや児童館等で無償ボランティをする、
⑥地域健康教室のリーダーもサポーター資格を取得し、各自のサロンで笑いヨガを生かしています。
⑦現在では、行政、社協、包括、病院関係者等も取得し活動の中で笑いヨガを活かし、また、活動の幅を広げるべく住民の為に模索されてもいます。様々な方面へと笑いヨガコミュニティは広がり、2年間の好ましい結果を得ました。

その良い評判が他県の行政からティーチャーの耳に入り、他の県でもLYVSを開催したいことになり、Dr.カタリアと相談した結果、2019年6月から日本の認定ティーチャーが講座を開催できるように「パイロットプログラム」として、動き出しました。


<各コースの概要>
現在この笑いヨガボランティアサポーターの講座は2つのコースで進められています。

笑いヨガボランティアサポーター入門コース
・開催時間:朝9:30〜12:30/3時間の講座
・受講費用:2,500円
・ベーシック学習コースマニュアル日本語版、認定証付

笑いヨガボランティアサポーター養成講座
・開催時間:朝9:30〜16:30/間に1時間休憩を挟む、6時間の講座
・受講費用:3,500円
・ベーシック学習コースマニュアル日本語版、認定証付


<講座の内容>
入門・サポーター養成講座共
・ラフターヨガの簡単な歴史とコンセプトについて
・「笑い」「効用」「健康」の関係について
・拍手とエクササイズ(笑いの体操)実践

サポーター養成講座では上記内容にプラスして
「5つのメリット」などラフターヨガについてもう一歩深く学び、実践を行います。
 
各コースとも講座終了時に認定証をお渡しし、それぞれのコミュニティでの活動の中で、無償ボランティアとしてラフターヨガを短時間提供いただけます。

ボランティアサポーター:ご自身の地域活動や小さなコミュニティなどで、短時間(15分程度※)のエクササイズの提供が行える。無償での活動のみ。※10〜15分で笑いの効果が得られるところからこの時間の設定がされています
 
※2019.8.4の状況です。
 

2019.7.21 三重県津市開催時の様子より

『進め方研修』について

今回開催します『進め方研修』は、半日講座「入門講座」と1日講座「サポーター養成講座」の進め方を実際に体験いただきながら学ぶ講座です。

現在ティーチャー資格を持っている方が、この『笑いヨガボランティアサポーター養成講座・進め方研修』を受講でき、受講後は笑いヨガボランティアサポーターの2つの講座が開催できます。

同時に、このパイロットプロジェクトに参加いただくことになり、実際にLYVSを開催された後の地域での広がり方などを報告をお願いしています。

笑いヨガボランティアサポーターはプロググラムとして始動したところですので、より良いものになるよう、この9月1日(日)大阪開催では、ファシリテーターの進行の元、受講者の皆さんとの意見交換の場を持ちたいと準備を進めています。

講座の内容と1日のスケジュール

<講座の内容>
笑いヨガボランティアサポーターの「入門講座」と「サポーター養成講座」は、ラフターヨガ ワンディセミナーの内容を元にして作られた、笑いヨガボランティアサポーター養成講座用のテキストを使用して講座を進めます。

座学にて笑いヨガの概要について学び、実践でエクササイズを行います。この『進め方研修』では実際に体験していただきながら、講座の開催について学びます。

<1日のスケジュール>
9:15 受付(名札、承諾書記入)
9:30 研修開始(挨拶、会場案内、研修内容、5分間LY)
9:45 「LYVS養成講座」について簡単な紹介
(プログラム、チラシ、マニュアルなど参考)
10:00 「LYVS養成講座」誕生、趣旨、大分県2年間の形跡
10:50 休憩
11:00 「LYVS養成講座」実践前半
12:00 昼食
13:00 「LYVS養成講座」実践後半
16:00 「LYVS養成講座」開催するには、後のフォロー、パイロットプログラム紹介、質疑応答、ディスカッション
17:00 終了

※進行は状況に応じて適宜対応していきますことをご了承ください。

2019.7.21 三重県津市開催時の様子より

リーダーとボランティアサポーターの違いについて

笑いヨガボランティアサポーターは、笑いヨガのリーダーにまでならなくても良いが、地域の人たちと一緒にボランティアで「笑いヨガ」をサロンなどで日常的に短時間で取り入れたい方のための講座となります。

<違いについて>
リーダー:笑いヨガプロフェッショナル。有償にて講座の開催や依頼を受けることができる。

ボランティアサポーター:ご自身の地域活動や小さなコミュニティなどで、短時間(15分程度※)のエクササイズの提供が行える。無償での活動のみ。※10〜15分で笑いの効果が得られるところからこの時間の設定がされています。

2019.7.21 三重県津市開催時の様子より

 

LYVS進め方研修 in 大阪 お申し込みフォーム

本講座はパイロットプロジェクトとして進めており、今後プログラムが変更される可能性があることをご了承ください。また、プロジェクトの内容をより良きものにしていくために、今回の進め方研修の参加後、実際にLYVS養成講座を開催された場合は、その内容や成果についてなど、実施レポートの提出をお願いすることになります。(実施レポートの詳細は、Dr.カタリアと詰めている段階ですので、内容がかたまり次第順次お伝えしていきます)
 
※今回いただきました個人情報は笑いヨガボランティアサポーターの活動に関してと、ラフターヨガジャパン、ラフターヨガインターナショナル日本支部の活動に関してご案内をお送りする際に使用させていただきますことをご了承ください。
 

※ボランティアサポーター養成講座についてお問い合わせをいただきましたので、2019年8月に作成しました講座詳細ページを再度公開いたします。※現在、はやしが主催にて大阪での開催は予定しておりません。ご了承ください。