【sl】やりたいことがわからない方へ

昨日7/23(月)の朝、ちょっと早く起きて、笑みぽんの「ハッピーマンディ☆モーニングラフター」のアフターモーニングへ合流。大好きなみんなと会えてホっと嬉しいです(^^)写真は山下さんのフェイスブックの投稿から拝借。

 

さて今日のブログのタイトルは我ながら大胆だ。あんた誰?…とか自分でつっこみをいれたくなりつつ(いや、あまり何も思ってない)もしかしたらお役に立つかな〜と思って、書いてみます。

 

すっかり「ラフターヨガ(笑いヨガ)の人」として定着していると感じる昨今。何度か書いたことありますがブログもあたらしくなったので、ちょこっとマイストーリー書きます。

 

私はもともとはグラフィックデザイナーでした。母がグラフィックデザイナーを生業にしていて、絵を描いたり、画材や道具とかいろいろあった環境で育ったおかげであまり疑問を持たずに社会人になりました。

20代はデザイン事務所やアパレルメーカーに勤め、30の直前に仕事を辞めました。東京での一人暮らしもたたみ、実家に戻ってきてから悶々とした時代が始まる。もんもんもん。。。

 

フリーランスでデザインの仕事はするものの、なんか「友達」というか、仕事以外の繋がりがなかなかつくれなくてね。心の居場所がなかった感じです。

 

そんな時にラフターヨガに出会って、3つぐらいエクササイズをした後の、なんとも言葉に表現しきれない人との一体感。無条件の心の繋がり。

 

これすごい!って、理屈なしに内側から感じるものがあって、すぐにリーダー養成講座へ。

 

ほんで、そこでいろいろ感じるんだわ、自分のこと。

 

芯から笑えてないな〜って感じてね。

 

 

「イマ・ココを生きる」とはかけ離れているのを心底感じました。

 

 

この瞬間に浮かんで来た質問が

 

「これからどんなふうに生きていきたい?」

 

すぐに浮かんできた内側の声が
↓↓↓

 

どうせ生きるなら
身体のすみずみ
エネルギーレベルまで
笑って生きていきたい!!!

 

あとこのリーダー養成講座を受講するタイミングで母親に「あんたは何をやっても続かないからね〜…」と半ば呆れ気味で言われたことが心に残ってて。

 

ラフターヨガは
まずは続ける

 

…というコンセプトで一歩ずつ歩み始めました。

 

 

やることは何でもいいと思います。
私は情熱もなんもなく、なんか変なプライドだけでラフターヨガをやりはじめて、その変なプライドとも向き合ったりして。短い経験ではありますが、何かを地味に継続していくことで道は拓けていくと実感しております。

 

天気のいい日もあるけど、天気が良すぎたり、豪雨だったり、歩んでいく道のりはいろいろやってきます。どんなときでもとにかく続けるんですわ。一緒に道を歩んでいける仲間がいると尚いいです。私はラフターヨガで出会ったみんなに本当に助けられて今もいます。

 

まわりには輝いている人もいっぱいいます。私も「えぇのう〜あんなふうになりたいなぁ〜」…と自分と人を比べることもしょっちゅうだ。でも自分にしか光が届かない方、言葉が届かない方がいます。だから、ひとりひとりが自分の内側の光を輝かして生きることが大切だと感じてます。

 

どなたもご自身の光を輝かして生きていけますように。
私ももっと輝いて生きていきますよ。

 

はははははははは